動画配信

水球ヤンキース 動画を1話~最終回まで全話無料視聴する方法!各話あらすじとネタバレもご紹介!

2014年夏ドラマ「水球ヤンキース」の動画を1話~最終回まで全話無料視聴する方法!各話のあらすじとネタバレもご紹介します!

中島裕翔・高木雄也(Hey!Say!JUMP)、山崎賢人、吉沢亮、中川大志、千葉雄大など大人気俳優の若手時代の作品です!熱い青春ドラマをもう一度見返してみませんか?

「水球ヤンキース」の動画を1話から最終回まで全話無料視聴する方法を解説しちゃいます!気になるあらすじとネタバレも!

 この記事には、「水球ヤンキース」のネタバレが含まれています!

▼初回2週間無料トライアル▼
FOD公式サイトへ

今すぐクリック⇒「水球ヤンキース」の無料視聴はコチラ>>

※初回2週間の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

 

「水球ヤンキース」の動画を無料視聴する⽅法

今を時めく俳優が勢ぞろいの水球ヤンキースですが、「放送していた時には見ていなかった…」という方に1話~最終回の動画をイッキに見られる方法を解説します!

「水球ヤンキース」の動画を配信中のVODを調査してみました。

配信サイト 配信状況 無料期間
FOD ◎(見放題配信中) 初回2週間無料トライアル/無料期間中でも最大1300P付与▷有料作品が見られる
TSUTAYA DISCAS
 ◎(宅配レンタルのみ) 30日間無料トライアルあり/無料期間中でも1100P付与▷新作などの有料作品がレンタルできる
U-NEXT
×
NETFLIX ×
Hulu ×
Paravi ×
アマゾンプライムビデオ ×

ご覧の通り、「水球ヤンキース」の動画が無料で見られるのはフジテレビの動画配信サイトのFODのみ!(※TSUTAYA DISCASは宅配レンタルなので動画配信だけにしぼるとFODのみなんです!!)

「水球ヤンキース」は、フジテレビ公式動画配信サービス「FODプレミアム」一択ですね!!

「FODプレミアム」は1ヶ⽉間の無料キャンペーンを⾏っているので、サクッとお試ししてみてください。


無料期間中に解約(退会)すればお金は一切かかりません!

解約の電話が混み合っていて繋がらず解約できないんじゃ?
ネットからの解約も複雑で結局有料になるんじゃ?

初めて動画配信サービスを利用する方は不安に思われますよね…
でも大丈夫!

FODプレミアムを実際に解約してみましたが、解約はスマホやPCから1分もかからずできましたし勧誘などもありません。
忘れずに解約さえすれば、有料会員になることはありませんのでぜひお試ししてみてくださいね。

今すぐクリック⇒「水球ヤンキース」の無料視聴はコチラ>>

「水球ヤンキース」を見るためにFODの無料お試しを使う方法は?

FODへの登録は超簡単!「Amazonアカウント」を利用して登録すればOK♪

Amazonのアカウントを利用して登録しないと1ヵ月無料のサービスが受けられません!

Amazonのアカウントが無い場合は、この機会に作りましょう!無料で作ることができますし、Amazonのアカウントを使用してネットショッピングできるところも増えているのであると便利ですよ♪

初回2週間無料トライアル 初回2週間無料トライアル 期間の説明

FODへ登録できたら、アプリやネットからFODのマイアカウントへログインして、検索窓に「水球ヤンキース」と入力すればドラマ「「水球ヤンキース」にたどり着きます。

FODプレミアムで「水球ヤンキース」を視聴するにはポイントは必要ありませんが、FODでは合計1300ポイント無料で貰えるチャンスがあるんです!

◎毎月100ポイントは自動的に付与→したがって登録してすぐ100ポイントはもらえる。
◎毎月「8」の付く日にログイン→8,18,28日にそれぞれ400ポイントずつ付与。

⇒つまり無料期間内に合計1,300ポイントもらえちゃいます!

「水球ヤンキース」以外に観たい作品が有料だった場合にはポイントが使えます!余ったポイントは雑誌や漫画を読むのにも使えますよ♪

  • 毎月100ポイント自動付与
  • 「8」の付く日にログインボーナスとしてそれぞれ400ポイント付与
  • 無料期間内に合計1300ポイントもらえる!▷有料作品が見れられる!

今配信している作品でも、予告なく停止することも考えられますので、ぜひ配信中に1話から最終回までイッキ見してくださいね。

「水球ヤンキース」はとにかく出演俳優が豪華なんです!今を時めく俳優達のかっこいい肉体も見ものです!

主演のHey!Say!JUMPの中島裕翔さんの出演作品は他にもあるか見てみましょう。

FODで配信中の中島裕翔さん関連作品

  1. SUITS
  2. 僕らのごはんは明日で待ってる
  3. デート~恋とはどんなものかしら~
  4. RIDE ON  TIME

RIDE ON TIMEはジャニーズ事務所所属のアイドル達のドキュメンタリー番組です。FODでしか配信していません!Hey!Say!JUMPのコンサートの裏側も配信されていますので要チェックです!!

今すぐクリック⇒「水球ヤンキース」の無料視聴はコチラ>>

「水球ヤンキース」の概要

2014年のドラマなので忘れてしまった方も多いかもしれませんね!概要をチェックしておきましょう!

ドラマ放送期間 2014年7月〜9月 土曜23:10~
放送局 フジテレビ系
視聴率 平均視聴率 6.6%
キャスト 中島裕翔/山崎賢人/高木雄也/中川大志/吉沢亮/千葉雄大/間宮祥太朗/大原櫻子/矢本悠馬/新川優愛/大政絢/他
プロデューサー 藤野良太
主題歌 Hey!Say!JUMP「明日へのYELL」

「水球ヤンキース」キャスト

稲葉尚弥(演:中島裕翔)

カメラマンの父親と共に海外を飛び回っていたが、10年ぶりにはすみ町に戻り、帰国子女編入枠で霞野工業に転入する。幼馴染の岩崎宅で暮らす。少年期にチンピラに絡まれているところを「伝説の先輩」黒澤に助けてもらい、その出来事から霞野工業の番長に憧れを抱くようになる。不良に対しても古いイメージを持っている。決め台詞は「諦めなきゃ、終わらねぇ。何にだってなれる! 可能性は無限大だ!!」。カス高ミズタマ部のエースに成長していく。

三船龍二(演:山崎賢人)

中学時代は水球部のエースで水蘭高校のスポーツ推薦枠に内定するも、中3の時に虎雄との勝負に負けたことで霞野工業に入学。水球から距離を置いていたが次第に尚弥と幼馴染の4人に心を動かされ、水球部に入部する。

北島虎雄(演:高木雄也)

水蘭高校水球部のエース。龍二とは中学時代からのライバル関係であり、玲をめぐっての恋のライバルでもあった。玲と交際中。

岩崎渚(演:大原櫻子)

https://twitter.com/staff_sakurako/status/1239734466765099009

ヒロイン。水球部のマネージャー。尚弥の幼馴染で現在同居している。龍二に密かに想いを寄せているが、幼馴染であり初恋の相手でもある尚弥との再会により心が揺れ始める。

木村朋生(演:千葉雄大)

3バカトリオの1人。当初は尚弥を煙たがっていたものの、彼の熱意に押されて水球を始める。いつもつるんでいる3人の中では比較的ツッコミ寄りのまとめ役。

志村公平(演:中川大志)

3バカトリオの1人。特訓して溺れない程度に成長する。周囲に流されやすく抜けたところがあるが、仲間想いで努力家な末っ子キャラ。

加東慎介(演:吉沢亮)

https://twitter.com/ryo_staff/status/1243706768145948673

3バカトリオの1人。生粋のアイドル好きで橋本環奈の熱烈なファン。実家が「かとちゃん」というお好み焼き屋を経営しており、生徒たちの集合場所となっている。性格は自由人。

千秋 亮(演:間宮祥太朗)

https://twitter.com/korokareshikano/status/1196775888357974018

郷田・涼子と同じ中学の出身。入部するために宮口と共にプールの清掃を手伝ったり、3バカトリオを入部させるために尚弥に橋本環奈のブロマイドを渡したりと、陰の功労者。教師の千春に憧れを抱いていたが、次第に涼子への恋心に気づき始める。

宮口幸喜(演:矢本悠馬)

高校入学時に一緒のクラスになった千秋と、常に行動を共にする。

その他出演者

≪霞野工業高校、通称カス高校≫

  • 青山 千春(演:大政絢)
  • 入江 漱石(演:八十田勇一)
  • 寺川 早紀(演:東野佑美)
  • 桑原 半蔵(演:北村有起哉)
  • 荒川 重信(演:森本レオ)
  • 黒澤 義男(演:横山裕)

≪水蘭高校≫

  • 藤崎 玲(演:新川優愛)
  • 前畑 涼子(演:筧美和子)
  • 柴田 理子(演:佐野ひなこ)
  • 郷田 剛(演:鈴木伸之)
  • 土野 肇(演:清水一希)
  • 小坂 昌平(演:冨田佳輔)
  • 藤倉 力(演:小橋川建)
  • 藤見 光(演:聖毅)
  • 倉石 修(演:寺岡万輝士)
  • 庄司 真冬(演:倉科カナ)

その他豪華キャストが出演しています!

「水球ヤンキース」全話あらすじネタバレ

2014年7月期・フジテレビ「土ドラ」でスタートする『水球ヤンキース』は日本で初となる水球をモチーフとした青春群像ストーリー。いまの時代には失われつつある「男気」を心に秘める熱きヤンキー主人公が、上昇志向もなくダラダラと毎日を過ごし続けるマイルドヤンキーたちが通う高校に転校し、ひょんなことから“水球”を行うことになる…という新感覚のドラマだ。男気あふれるヤンキー役を演じるのは連続ドラマ単独初主演となる中島裕翔(Hey!Say!JUMP)。マイルドヤンキーの代表格で主人公とぶつかりながらも徐々に水球部の中心的存在になってゆく水球経験者役に山崎賢人、主人公のライバルとなる名門私立の水球強豪校のキャプテン役に高木雄也(Hey!Say!JUMP)の共演が決定した!(※マイルドヤンキーとは、マーケティングアナリスト原田曜平“博報堂 ブランドデザイン 若者研究所”が提唱した概念で、上昇志向がなく、地元志向が強い集団などを指す)

引用元:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/suikyuyankees/index.html

第1話あらすじ

金髪&水着!熱い夏始まるぜ!夜露死苦

稲葉尚弥(中島裕翔)と幼なじみで名門私立・水蘭高校女子水球部マネージャーの岩崎渚(大原櫻子)は10年ぶりに尚弥と再会し、その姿を見て絶句してしまう。胸に抱いていた淡い期待は完全に裏切られていた。
霞野工業高校、通称・カス高の職員室では、水蘭高校の帰国子女枠を断ってカス高への入学を希望した尚弥の話題でもちきりに。カス高3年A組の3バカトリオの木村朋生(千葉雄大)、志村公平(中川大志)、加東慎介(吉沢亮)も尚弥の話題で盛り上がっていると、ついに尚弥が教室に姿を見せた。その姿にクラス全員があぜんとしてしまう。
尚弥はカス高のてっぺんをとるべく、番長の指定席である窓際の1番後ろの席を奪取しようとするが、その席に座っている三船龍二(山﨑賢人)の鋭い眼を見て龍二を番長と決めつけ果たし状を叩きつける。その後渚は、尚弥が龍二に果たし状を叩きつけたことを知り、家に帰ってきた尚弥を問い詰め、そしてカス高が廃校になることを告げる。
カス高の廃校を阻止するため町内に貼り紙をしていた尚弥は、偶然会った龍二に休戦を告げ、手伝わせようとする。そこへ水蘭高校水球部のキャプテン北島虎雄(髙木雄也)が現れ、尚弥とつるんでいる龍二に罵声を浴びせる。龍二と虎雄の間には何やら因縁めいたものがあるようだ。さらにその場に現れた郷田剛(鈴木伸之)からもカス高をバカにされた尚弥は意を決して走り出した。

引用元:FOD

第2話あらすじ

ミズタマでてっぺんとりたいヤツ集合!

カス高の廃校を阻止するため、水球で水蘭を倒すことを決意した稲葉尚弥(中島裕翔)は水球部員集めに奔走するが、マイルドヤンキーたちのモチベーションは低く、誰一人として入部を希望する者はでてこない。それでも男気をもったヤツが必ずいると信じる尚弥はプールへと向かったが、誰一人いない泥水とゴミで埋まったプールを前に言葉を失ってしまう。
水球部の発足に反対する教頭の桑原半蔵(北村有起哉)に条件付きながら顧問になることを承諾させた英語教師の青山千春(大政絢)は、尚弥の強い覚悟を知り、かたい握手を交わす。
そんな2人の姿を見ていたのは、千春に好意を持つ千秋亮(間宮祥太朗)とその舎弟の宮口幸喜(矢本悠馬)。一度は尚弥の誘いを断った千秋と幸喜だったが・・・。
水球経験者の三船龍二(山﨑賢人)をなんとかして入部させたい尚弥は、まず龍二と幼なじみの3バカトリオ・木村朋生(千葉雄大)、志村公平(中川大志)、加東慎介(吉沢亮)を入部させようとするがまったく相手にされない。ところが、千春の顧問就任により、最初の態度とは打って変わってなんとか入部しようと画策する千秋と幸喜から「これをお使いください」と渡されたものを見せると、3バカトリオの態度は一転。3人の入部は決まったかに思えたが、そのことで水球部発足を阻止したい教頭の桑原や水蘭高校水球部員の郷田剛(鈴木伸之)たちから様々な妨害を受けることになる。

引用元:FOD

第3話あらすじ

お前がいなきゃミズタマ部始まんねえ!

稲葉尚弥(中島裕翔)の真っ直ぐでバカ正直な行動と言葉に心を動かされ、ついにカス高水球部に入部した3バカトリオの木村朋生(千葉雄大)、志村公平(中川大志)、加東慎介(吉沢亮)。青山千春(大政絢)の顧問就任をきっかけに結局は自ら志願して入部した千秋亮(間宮祥太朗)と宮口幸喜(矢本悠馬)。総勢6人となった水球部員だが、水球部の正式な発足にはあと1人部員が必要だった。そして、その1人は三船龍二(山﨑賢人)以外にはいないと、尚弥と3バカトリオは龍二の説得に乗り出す。教頭の桑原半蔵(北村有起哉)は尚弥たちが練習する姿にふと足を止める龍二の姿を目撃する。水蘭高校水球部顧問・庄司真冬(倉科カナ)の電話での言葉が気にはなっていたが、あくまでも水球部発足に反対の桑原は龍二を問い詰め、尚弥たちの妨害をしようとする。
自分たちが水球部に入ったことを告げ、その勢いで龍二を入部させようと試みる3バカトリオだったが、3人の入部には反対しないものの、自分の入部だけは頑なに拒否をする龍二。尚弥の作戦も功を奏さず、龍二はますます態度を硬化させる。
追い詰められた尚弥と3バカトリオは、龍二に果たし状を叩きつける。相手にしようともしない龍二に対し、公平が果たし状を見るように促す。果たし状を開ける龍二。そこには朋生、公平、慎介の大きな決断の文字が記されていた。

引用元:FOD

第4話あらすじ

恋と友情!汗と涙!ミズタマ青春大爆発

三船龍二(山﨑賢人)の入部が決まり、正式に活動を開始したカス高水球部。それぞれの決意を胸に「てっぺん」を目指し一致団結して・・・と思いきや、フローターの座をめぐって早速、稲葉尚弥(中島裕翔)と千秋亮(間宮祥太朗)が火花を散らしていた。そんな2人を見兼ねた顧問の青山千春(大政絢)はフローター、そしてキャプテンに龍二を任命し1カ月後に水蘭高校と練習試合をすることになったと告げる。
どうにかこうにか水球部を発足させた尚弥たちだったが、問題は山積みだった。水蘭との練習試合に向けて、まずは水球専用の水着とキャップを人数分そろえる必要がある。ところが教頭の桑原半蔵(北村有起哉)は千春の嘆願を受け入れず、部活動予算を出そうとはしない。打開策を図るため、いつものようにお好み焼き屋「かとちゃん」に集合した尚弥たちだったが、そこに現れた水蘭水球部の郷田剛(鈴木伸之)と前畑涼子(筧美和子)により、千秋の思いもよらぬ過去を知ることになる。
千秋が学校をサボるようになって数日後。窃盗の被害にあったという女性からカス高に電話が掛かってくる。犯人の名前は千秋だという。桑原に廃部を言い渡され反論すらできない部員たち。だが、宮口幸喜(矢本悠馬)だけは千秋を信じていた。絶対に千秋ではないと信じる理由が幸喜にはあった。

引用元:FOD

第5話あらすじ

夏だ!水着だ!男と女のミズタマ勝負!

練習試合の為、血気盛んに水蘭高校に乗り込んだ稲葉尚弥(中島裕翔)らカス高水球部員たちだったが、相手が藤崎玲(新川優愛)率いる女子水球部だと知って激怒する。ただ1人、三船龍二(山﨑賢人)を除いては・・・。
龍二の言葉に一念発起した部員は改めて水蘭高校女子水球部との練習試合に挑むことになった。第1ピリオドは華麗な連携プレイでリードしたカス高だったが、第2ピリオドは水蘭女子のパス回しに翻弄(ほんろう)され、逆転を許す。第3ピリオド、部員たちの体力が奪われ、勝機がないと判断した龍二は、連携プレイを諦めて個人プレイに徹しゴールラッシュ。やはり女子では龍二を止められない。そう思った水蘭のエース・北島虎雄(髙木雄也)は顧問の庄司真冬(倉科カナ)に出場を直訴、ついに尚弥、龍二らカス高水球部が虎雄と相まみえることに。
気合の入る尚弥らだったが、いざ試合が始まると実力の差は歴然・・・。カス高水球部員たちはショックを隠せない。おまけに龍二の個人プレイに不満をあらわにする千秋亮(間宮祥太朗)と龍二の間では内紛も勃発。そんな最中、龍二は真冬から「水蘭水球部に来てほしい」と告げられる。
水蘭との練習試合後、龍二の動向が気になって仕方がないカス高部員たちは険悪な雰囲気で崩壊寸前。そしてその翌日から、龍二は練習に姿を見せなくなってしまう。

引用元:FOD

第6話あらすじ

ミズタマ部廃部!救世主はアイドル!?

水蘭高校との練習試合に大敗し、落ち込む部員たちに追い打ちをかけるように三船龍二(山﨑賢人)が水蘭水球部に引き抜かれ、崩壊寸前のカス高水球部。しかし他の部員が誰1人練習に姿を見せないプールで稲葉尚弥(中島裕翔)は仲間を信じ、黙々と練習を続けていた。そんな尚弥の傍らでボンヤリとしている顧問の青山千春(大政絢)に尚弥は「強化合宿をしよう」と言い出す。
お手製の旅のしおりを持って部員たちを強化合宿に誘う尚弥だったが、まるで相手にされない。一方、龍二は水蘭高校水球部顧問の庄司真冬(倉科カナ)のもとを訪れていた。尚弥たちを密かに応援していた岩崎渚(大原櫻子)は、そんな龍二の姿を見て複雑な心境。
強化合宿当日。部員たちが集まることを信じて家を出る尚弥。しかしもう龍二の足を引っ張りたくない、そんな気持ちを抱く3バカトリオはRev. from DVLのコンサート会場に来ていた。大ファンの橋本環奈が水球インターハイの応援ツアーで蓮水町に来ているのだ。その橋本は開演前に散歩に出てみたのは良いが途中で迷子になってしまう。そこで偶然にも合宿に向かう尚弥と遭遇し・・・。
水蘭水球部の練習に初めて参加することになった龍二。龍二も含めた新しいフォーメーションを発表しようとする真冬に対し、水蘭のエース・北島虎雄(髙木雄也)はどっちが水蘭のエースにふさわしいか、龍二と勝負したいと申し出る。

引用元:FOD

第7話あらすじ

ミズタマ部、史上最大の大大大ピンチ!

それぞれの思いを胸に、再び結束を固めたカス高水球部員たちだったが、またしても彼らに試練が襲いかかる。商店街に掲げられていた水蘭水球部を応援するポスターやのぼりが破り捨てられ、シャッターには『カス高ミズタマ部 夜露死苦』と派手な落書きがされていた。そして、荒らされた現場には稲葉尚弥(中島裕翔)の生徒手帳が・・・。
尚弥を犯人と決めつける教頭の桑原半蔵(北村有起哉)は、水球部の活動停止を言い渡す。水球部を温かく見守ってきた校長の荒川重信(森本レオ)も、今回ばかりはうなずくしかない。顧問の青山千春(大政絢)から尚弥の自宅謹慎と水球部の活動停止を聞いた部員たちは激高するが、三船龍二(山﨑賢人)は「ハメられた」と感じていた。
尚弥を信じる部員たちが商店街で犯人の手がかりを探していると、またしてもシャッターに『カス高参上!』などと落書きされているのを見つける。ところが落書きを消そうとしているところを目撃され、再びカス高水球部員たちが犯人だと疑われてしまう。商店街の人には何を言っても信じてもらえず、桑原からは廃部を検討すると告げられ、なす術のない水球部員たち。
部員たちから事の次第を聞いた尚弥は、カス高水球部を守るため、自分を信じてくれた仲間の思いをつぶさないため、辛く苦しい決断をすることになる。しかし、そんな尚弥の思いを知った部員たちは・・・。

引用元:FOD

第8話あらすじ

恋!水着!青い海!胸キュン夏合宿SP

インターハイ予選に向け強化合宿を組んだカス高水球部だったが、ここでも水蘭高校との格差が露呈する。プールを使えるのは水蘭の練習がない時間だけ。そして宿舎は水蘭のそれとは比較にならないボロボロな民宿。それでもヤル気まんまんの稲葉尚弥(中島裕翔)をはじめ水球部員一同は宿に着くなり水着に着替えるが、民宿のオーナー・鮫島仁(宇梶剛士)にプールとは違う場所に連れていかれて・・・。
3バカトリオの木村朋生(千葉雄大)、志村公平(中川大志)、加東慎介(吉沢亮)と千秋亮(間宮祥太朗)、宮口幸喜(矢本悠馬)の5人は合宿の楽しみはこれからとばかりに何か良からぬ相談をしている。尚弥は水球の練習ができない鬱憤(うっぷん)が爆発して、民宿のツボを壊してしまう。そして、三船龍二(山﨑賢人)は海岸で水蘭の女子水球部キャプテン・藤崎玲(新川優愛)と会っていた。2人とも水蘭の水球部キャプテン・北島虎雄(髙木雄也)のことを気にかけているようだ。
一方、虎雄は夜のプールでただ1人、無心にシュートの練習を続けていた。そこへ片づけに現れた水蘭の水球部マネージャー・岩崎渚(大原櫻子)は練習する虎雄の姿を見て、虎雄の身に異変があることに気づく。
翌日、プールサイドに集合し円陣を組むカス高水球部。いよいよ水球の練習が始まる。と思いきや、またしても鮫島が現れ、ツボを割ったと白状した尚弥をプールの表に引きずり出してしまう。

引用元:FOD

第9話あらすじ

最終章!ミズタマ部熱い夏ついに完結へ

強化合宿を無事に終えたカス高水球部。部員たちを乗せたバスは見慣れた街並みに差し掛かっていた。部員一同がぐっすりと眠る中、ひとり目を覚ました稲葉尚弥(中島裕翔)は何気なく視線を送った先にいた1人の男に目を奪われる。尚弥が10年間憧れ続け、誇りに思ってきたその男の名は黒澤義男(横山裕)。尚弥、そしてもう1人、青山千春(大政絢)の人生を変えたカス高の元番長だった。
バスを止め、道路に飛び出した尚弥は黒澤に声を掛ける。「黒澤さんですよね」。しかし黒澤は尚弥から顔を背け、社名の入ったワゴン車に乗り込み、走り去ってしまう。それでも残された尚弥は興奮冷めやらず「やっと会えた・・・!」
ワゴン車に書かれていた社名を足掛かりに、黒澤の会社を訪れた尚弥。ビルの中から作業着姿の黒澤が出て来るのを見つけ、10年間の思いの丈を打ち明ける。しかし、黒澤の口からこぼれたのは尚弥が想像すらしていなかった言葉だった。ショックで言葉の出ない尚弥。そんな2人をぼうぜんと見つめる千春。
姿を消した尚弥を心配し岩崎渚(大原櫻子)の家に集まった部員たち。渚は黒澤と出会った日から尚弥がどんなふうに生きていたのかを語り始めるが、尚弥への思いが込み上げてきて動揺をあらわにする。

引用元:FOD

第10話あらすじ

さらばミズタマ部!7人で目指せてっぺん可能性は無限大!!

いよいよ水蘭との決勝戦を迎えたカス高水球部。試合前の控室では大事な一戦を目前にした部員たちが緊張で固くなっている。そんな中、稲葉尚弥(中島裕翔)の右肩を三船龍二(山﨑賢人)は気に掛けていた。昨夜、何者かによって尚弥が襲われたのだ。
とあるオフィス。黒澤義男(横山裕)はポケットから取り出した大会のチラシを眺めていた。尚弥と出会って10年・・・、自分から誇りを奪い去るには十分な時間だった。カス高での栄光も、番長としての誇りも、社会に出れば一切通用しなかった。いつしか自分は過去から逃れながら生きるようになった。そんな時、あの時の少年が高校生になって、突然自分の前に現れた。それが尚弥だった。
客席は水蘭を応援する人たちで埋まっていた。カス高にとっては完全にアウェイな状況の中、運命の笛が鳴った。中央に浮かぶボールに向かい、両校の選手たちが一斉に泳ぎだす。真っ先にボールをつかみ取った尚弥はフローターバックの龍二にパスを出す。龍二との1対1の勝負を挑む水蘭のエース・北島虎雄(髙木雄也)。しかし龍二は前線に泳ぐ木村朋生(千葉雄大)にパスを出す。それぞれが体を張ったブロックでパスコースを作りチームプレイに徹するカス高。それに対し強引な攻めの目立つ水蘭。一進一退の激しい攻防が続くなか、尚弥の肩が遂に悲鳴をあげる。

引用元:FOD

「水球ヤンキース」最終回ネタバレ

最終話に至るまでに尚弥を中心に水球メンバーの心が一致団結してくる模様が描かれています。熱い熱い青春ドラマの結末はいかに!?

尚弥率いるカス校と、虎雄率いる水蘭高校の試合が始まった。

みな緊張しているが、龍二は尚弥の肩を心配していた。尚弥は昨夜何者かに襲われて肩を負傷してしまった。
以前のような覇気が失われた黒澤は、試合のチラシを見て尚弥の「俺があんたの誇りになっていやるよ」という言葉を思い出していた。

カス校がアウェーの中試合が始まる。第1ピリオドはカス校が優位に立つ。しかし尚弥は肩の怪我を気にしていた。

第2ピリオドでついに尚弥の肩に激痛が走る。さらに水蘭に追いつかれてしまう。尚弥は第3ピリオドで医務室へ行くように龍二に言われる。一人少ないなか、第3ピリオドを迎えることになる。

尚弥の幼馴染の渚は医務室へ向かう。

そして会場は徐々にカス校への応援ムードへと変わってくる。
カス校水球部メンバーは今こうしてここにいることは尚弥のおかげだと改めて確認し合い、全力で試合に挑む。一方、医務室では渚が尚弥の手のひらにマジックペンで「てっぺん」と書き、
「尚弥をしっかり見ている」
と励ましていた。

尚弥が戻るとカス校は一人少ない人数で互角以上に水蘭と渡り合っていた。
そんな中、水蘭も一致団結し最終ピリオドへ向かう。

最終ピリオドに向かうカス校のもとに黒澤が駆けつける。そして尚弥に「諦めなければ可能性は無限大だ」と伝え部員たちの士気を高めた。

一進一退の攻防が繰り広げられるが、遂にカス校が水蘭を打ち破る。
龍二と虎雄はお互いを認め合い、そして尚弥に優勝しろと水蘭の想いを託す。

そして試合後、渚を追いかけ尚弥は自分の想いを告白する。
渚は同じ気持だと言う。そしてカス校水球部のメンバーたちはそれぞれの目標に向け歩みだした。
龍二は水球の全日本のメンバーに選ばれ、黒澤はカス校の教師になることを目指すことに。

尚弥は商店街でいじめられていた男の子を助け、
「諦めたら何もできない。諦めなければ可能性は無限大だ」
と言い、カス校水球部のメンバーたちと立ち去る。

帰宅した尚弥の部屋には「全国高校水球選手権大会 優勝」の記念写真が飾られていた。

「水球ヤンキース」 感想・評判は?

https://twitter.com/chocomalu1/status/1249725445060227074

「水球ヤンキース」1話~最終回動画を無料視聴する方法まとめ

豪華俳優陣勢ぞろいの熱い青春ドラマ「水球ヤンキース」はFODプレミアムで全話見放題です!

FODなら1ヵ月無料トライアルがあるので気軽に体験することができます!さらに、有料作品に使えるポイントが最大1300ポイントもらうことができるのでお得に見たい作品が見れちゃいます!

無料体験期間中に見たかったドラマや映画をお得に楽しんじゃいましょう♪

▼初回2週間無料トライアル▼
FOD公式サイトへ

今すぐクリック⇒水球ヤンキースの無料視聴はコチラ>>

※初回2週間の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

本記事の内容は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です