ドラマ

竜の道とウロボロスが似てると話題!類似点を検証してみた結果は?

「竜の道」は、2020年7月28日からフジテレビ系列で火曜夜9時に放送しているドラマです。
竜の道はサブタイトルが「二つの顔の復讐者」で、復讐がテーマのドラマです。

主演は玉木宏さんで、双子の弟を演じる高橋一生さんとは初共演とのこと♪

その内容が、2015年に放送されていたドラマ「ウロボロス」に似ている!との声があがっているんです!

ドラマ「竜の道」とドラマ「ウロボロス」の類似点、および相違点を検証していきます。

 

\見逃した方は、今すぐ無料視聴/

竜の道をFODで無料視聴

今すぐクリック⇒竜の道を無料視聴>>

 

ドラマ「竜の道」は「ウロボロス」に似ている?ネットの声は?

ひとまず、展開が似ているということで、視聴者の反応を見てみましょう♪

https://twitter.com/law_love_ryo/status/1288098423418191872

確かに、似ている!という声がたくさん見られましたね。いったい何が似ているんでしょう?

類似点、はたまた相違点を検証していきましょう。

 

ドラマ「竜の道」とドラマ「ウロボロス」あらすじ

まずは「竜の道」と「ウロボロス」のあらすじを見てみましょう。

「竜の道」あらすじ

公式のあらすじはこちらです♪

両親を死に追いやった男に裁きをくだすため、顔も名前も心も捨てた兄と、官僚となった弟。コインの裏表のような、正反対の立場の双子による、波瀾万丈の復讐劇の幕が開く。

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻に引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。
しかし、キリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、養父母は自殺。竜一と竜二は、源平への復讐を誓い合う。
それから7年後、22歳の竜一は突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐計画を進めていく2人はキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが・・・。

引用元:FOD

「ウロボロス」あらすじ

公式のあらすじはこちらです♪

児童養護施設・まほろばで育った龍崎イクオ(生田斗真)と段野竜哉(小栗旬)。2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれていた施設職員の「結子先生(広末涼子)」が何者かに殺されるのを目撃する。犯人について2人は警察に証言するが、その言葉は“金時計”をした警察関係者に握りつぶされ、なぜか事件はもみ消された…。
それから20年。イクオは刑事となり、新宿第二警察署刑事課に勤務していた。イクオとバディを組むのは日比野美月警部補(上野樹里)。ドジで明るいお人好し、冴えないキャラのイクオであったが、なぜか事件のにおいを嗅ぎ取ることに長け、検挙率は署内ナンバーワン。東大出のエリートキャリアである美月はいつもそのことが不思議でならなかった。一方、竜哉は抜群の頭脳を生かし暴力団・松江組の幹部として闇の世界でのし上がっていた。警察とヤクザ…決して交わることのないはずの二人の目的は、事件を握りつぶした「金時計の男」を警察内から探し出し、真実を探り出し、最強の権力組織である“警察”の闇を暴くこと。
「信じるのはお互いだけ…」誰にも知られてはいけない相棒として、龍崎イクオと段野竜哉の“二匹の龍”は“警察”という絶対不可侵の禁城に挑む!
ある夜、新宿で男性が転落死する。事故か、自殺か、他殺か…。自殺との見方が強まる中、イクオは亡くなった男性の家族に会いたいと言い出す。そのころ、転落場所近くのパーキングで車上荒しがあり、防犯カメラの映像から、常習の沢渡(中村蒼)が浮かび上がる。沢渡は男性が転落する一部始終を見ていたようで…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/OUROBOROS/

なるほど、主人公たちの境遇や、名前に「竜(龍)」が関連していることなどが、ぱっと見で似ているように見えますね。

 

ドラマ「竜の道」とドラマ「ウロボロス」の類似点


「竜の道」と「ウロボロス」のどこがどんな風に似ているのか、検証してみましょう。

主人公たち2人の境遇が似ている

「竜の道」は双子の竜一・竜二が、育ての両親を自殺によって亡くします。
「ウロボロス」は幼い頃ともに育った二人、イクオ・竜哉が、親代わりの存在を殺されます。

どちらも、親を奪った相手に復讐を決意する物語です。

 

「竜の道」の主人公たち2人は双子で、実の親に捨てられています。
「ウロボロス」の主人公たち2人は血のつながりはないものの、児童養護施設で兄弟のように育ちました。

どちらも復讐がテーマになっていることと、主人公の2人の境遇がよく似ていますよね。

復讐を決意した2人が正反対の道で役目を果たす

「竜の道」では竜一が顔を整形し、他人に成り代わって裏社会の道を進みます。
竜二は国土交通省に入り、エリート官僚として表の社会で生きていきます。

「ウロボロス」ではイクオが警察官になり、竜哉はヤクザとしてのし上がります。

これもまた、よく似ていますよね。

主人公2人の名前に「竜」が関係している

「竜の道」はそのタイトルにもあるように、双子の主人公の名前が一と二です。

「ウロボロス」の主人公2人は、崎イクオと段野哉です。

全員、が関係する名前です。
これも共通点としてあげられますね。

 

ドラマ「竜の道」とドラマ「ウロボロス」の相違点


次は逆に、2つのドラマの相違点を見てみましょう。

竜の道とウロボロスの相違点

  1. 「竜の道」は復讐相手が判明している
  2. 「ウロボロス」は復讐相手を探したが、「竜の道」は復讐相手が判明しているので、人間ドラマがメインになりそう
  3. 「ウロボロス」は刑事ドラマでもあり、1話完結型の事件も描かれた
  4. 「竜の道」では、主人公2人に血のつながらない妹の存在があり、キーになりそう

このように、当然ながら相違点ももたくさんあります。

主人公の境遇や、復讐へのアプローチは似ていますが、雰囲気や展開も全く違ったものになるではないでしょうか?

相違点は妹の存在と結末?


当然のことながら、「竜の道」と「ウロボロス」の結末は、全く別のものになるでしょう。

「ウロボロス」の結末は、一人は殺され、もう一人は自殺するというものでした…

「竜の道」の復讐者2人は、どんな結末を迎えるのでしょうか?

 

「竜の道」には、「ウロボロス」にはなかった、復讐者2人に妹という特別な存在がいます。
血のつながりはないものの、主人公2人にとってとても大切な存在…
復習に生きる2人にとって、癒しであり、最後の防壁なのかもしれません。

妹の存在が、復讐者の心を癒し、「ウロボロス」のような悲惨な結末を防いでくれたらいいですよね!

 

ドラマ「竜の道」のあらすじと結末予想、「ウロボロス」と似ている点まとめ

ドラマ「竜の道」とドラマ「ウロボロス」の類似点、相違点をまとめてみました。

作り手として、何かと似ていると称されるのはビミョーな気持ちでしょうね…
世界観やストーリー展開、構成や結末で差をつけてほしいですね!

玉木宏さんと高橋一生さんの初共演ドラマということで、それだけでも見逃せないドラマになっています!結末も、とっても気になりますね!

見逃してしまった方は、FODで放送分まで全話おさらいできますよ♪

▼今すぐクリック▼

竜の道をFODで無料視聴

今すぐクリック⇒竜の道を無料視聴>>

こちらの記事の情報は2020年8月時点のものです。
最新情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です