ドラマ

恐怖新聞(ドラマ)走り方がおかしい!白石聖やギャルのフォームはわざと?

「恐怖新聞」は、2020年8月29日にフジテレビ系列「オトナの土ドラ」枠で放送が始まったホラードラマです。
つのだじろう原作の漫画がドラマ化されました。

白石聖主演、EXILE TRIBEの佐藤大樹が出演しています。監督に中田秀夫、構成に作家の乙一と、製作陣にも注目が集まっています。

2話放送された中で、なんだか走り方がおかしい人物がいたとか…

「恐怖新聞」の概要と、おかしな走り方をしていた人物について見ていきましょう♪

ドラマ【恐怖新聞】 1話〜最終回まで全話無料視聴!
【恐怖新聞】 無料見逃し動画配信を1話〜最終回まで全話公式で視聴する方法!2020年月8月〜フジテレビ系で放送のドラマ「恐怖新聞」の無料見逃し動画配信を1話〜最終回まで全話視聴できる動画配信サービス(VOD)を...

「恐怖新聞」概要


ドラマ「恐怖新聞」概要を簡単にまとめてみました。

放送時間 土曜23時40〜
放送局 フジテレビ系列
原作 つのだじろう「恐怖新聞」
脚本 高山直也
監督 中田秀夫、服部大二、井上昌典
シリーズ構成 乙一
音楽 兼松衆
主題歌 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『FEARS』
キャスト 白石聖、佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、坂口良太郎、駿河太郎、片山友希、猪野学、黒木瞳、横田栄司 ほか
話数 全7回(予定)
公式サイト https://www.tokai-tv.com/kyoufushinbun/
公式Twitter @tokaitv_dodra

「恐怖新聞」は、オトナの土ドラシリーズ29作目になります。
さらに「恐怖新聞」は、初のホラー作品なんです!

読んだら、死ぬ。

キャッチコピーが怖すぎます…!

 

オトナの土ドラ枠とはいえ、人が殺されたり大量の血しぶきが飛んだり、なかなか攻めた描写が話題になっています。


監督の中田秀夫さんは、あの有名なホラー映画「リング」を手掛けた人物です!
映画「事故物件 恐い間取り」の大ヒットでも知られる映画監督さんですよね♪

シリーズ構成を務めるのは、小説家の乙一(おついち)さんで、乙一といえば感動作からぞっとするようなホラー作品など、幅広い作風で有名ですよね。

作品の面白さはもちろん、豪華な製作陣にも注目が集まっているドラマなんです。

 

2004年公開の映画「予言」の原作も、つのだじろうさんの「恐怖新聞」でしたよね。恐怖新聞の設定はそのままに、ドラマではどんな恐怖が紡がれていくのでしょうか…

 

「恐怖新聞」あらすじ

主人公・小野田詩弦は、京都市内の大学に通う女子大生。
念願の一人暮らしを始めた彼女の元に、様々な不幸を予言する恐怖新聞が届くようになる。
最初はイタズラだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、信じるように…。前途洋々の大学生活が、死と隣り合わせの悪夢へと一変していく。
1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる恐怖新聞に翻弄され、追いつめられる詩弦。しかし、はじめは恐れるだけだった詩弦だが、やがて呪われた未来を変えるために運命に抗い始める。
その中で明らかになる、恐怖新聞に秘められた驚愕の“真実”とは…。

引用元:https://www.tokai-tv.com/kyoufushinbun/

親子の絆、そこに生じる疑問…不倫問題、児童虐待…現代社会に合わせ、痛々しくも身近に起こり得る社会問題が見え隠れしています。

突拍子もない恐怖よりも、身近に潜んでいるかもしれない犯罪や狂気だからこそ、より怖いのかもしれませんね。

自分にしか読めない、死を予言する恐怖新聞は、とても身近なものではありませんが……

 

「恐怖新聞」走り方がおかしい!フォームはわざと?

「恐怖新聞」1話では主人公の詩弦が、2話では謎のギャルが、なんだかおかしな走り方をしていたんですよね…

見ていて笑ってしまうような走り方でした…
ホラーなのに、怖い物語なのに、笑わせないで!!

1話と2話で走り方がおかしかった2人を、ご本人のsnsや視聴者の声を見ながらご紹介していきますね!

一人目、白石聖(小野田詩弦)

白石聖(しらいしせい)
誕生日:1998年8月10日
身長:158cm
血液型:A型
出身地:神奈川県
趣味:イラスト
特技:書道、ドラム

1話で父の身に危険が迫っていることを恐怖新聞で知った詩弦は、父に外に出ないように懇願します。
しかし、恐怖新聞に書かれた内容は、絶対に起きてしまう未来なのでした…

詩弦の父の身に命の危険が訪れる正にその時、父に駆け寄る詩弦の走り方が!!

やっぱり皆さん思うことは同じですね…

敢えて大げさに走る演出だったんでしょうか?

この演出は、2話を見て確信に変わるんです…!!

二人目、日比野友香(諸積杏奈)

日比野友香(ひびのともか)
誕生日:1997年7月26日
身長:152cm
出身地:兵庫県

ご本人がオフショットを載せつつ、ご自分で言っちゃってます…癖のある走り方!!

しかも2話は、公式さんがいじり倒すという展開に!クイズの答えにまでされちゃってます!

初回とは違って2話は走り方にこだわって演出?初回とは違って?ということは、1話の詩弦の走り方は演出なしだったってことでしょうか?そんなバカな…!

普通に真剣に走ってたんだとしたら…ごめんなさい白石さん!

 

続いて、視聴者の声も見てみましょう。

さすがにこちらは狙っただけあってか、大反響でした!
陸上選手のような思い切ったフォームに、視聴者の目は釘づけになったようです。

でも、怖いドラマなのに、こんなに振り切った演技をさせちゃってよかったんでしょうか?
怖さの中に笑いを入れることで、より狂気に満ちた様を演出しているんでしょうか?

それとも、怖すぎるから笑わせてくれてるだけ…?

謎は深まります…3話以降も、おかしな走り方に注目しちゃいますよね!

 

「恐怖新聞」走り方がおかしい?、概要、感想まとめ

ドラマ「恐怖新聞」概要と、走り方のおかしい人物についてまとめてみました。

白石聖さんと日比野友香さんの走り方が印象的でしたね♪snsでも話題になっていました!

ちょっと笑ってしまうような要素さえも、狂気のうちに思えてしまって怖いかも…こういう要素を入れて、怖さをやわらげてくれているんでしょうか?

恐怖と絶望深まる物語、注目ですね!詩弦は恐怖新聞がもたらす運命から逃れられるのでしょうか!?

ドラマ「恐怖新聞」3話、2020年9月12日夜11時40分から放送です!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です