邦画

ふりふら 実写映画の主人公が原作と違う?理央と由奈じゃなくて朱里なのはなぜ?

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」通称:ふりふらの原作漫画と実写映画の主人公が違う?なんで主人公が理央・由奈じゃなくて朱里!?

と、不思議に思ったので調べてみました。

ちなみに漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写映画は2020年8月14日(金)に公開予定!

また、2020年9月18日(金)には、アニメーション映画も公開される予定です。

人気コミック「ふりふら」が実写映画化!

原作は咲坂伊緒さんのコミック「思い、思われ、ふり、ふられ」。「ストロボ・エッジ」「アオハライド」も手掛けた大人気作者です!

2015年7月号から‘別冊マーガレット’にて連載され、2019年5月13日(月)発売の6月号で最終回を迎えました。

繊細で瑞々しい物語が高く評価され大ヒットコミックとなっています。

そんな人気コミックの実写映画化となれば話題になっているのも納得です。

原作 咲坂伊緒作コミック「思い、思われ、ふり、ふられ」
監督 黒柳トシマサ
脚本 吉田恵里香
キャラクターデザイン 山下祐
音楽 野見祐二
主題歌 Official髭男dismの『115万キロのフィルム』
配給 東宝
公開日 実写:2020年8月14日(金)・アニメ:2020年9月18日(金)

「ふりふら」あらすじ

原作漫画では正反対の女子高生2人が友達になって恋に成長していくストーリー。

それに対し、映画では朱里と理央が姉弟になった切ない恋が中心に描かれています。

あらすじ

高校一年生の山本朱里(浜辺美波さん)は明るく活発で、器用ではないものの恋愛にも前向きな性格。朱里には山本理央(北村匠海さん)という義理の弟がいますが、お互いの親が結婚したことによって姉弟になったという複雑な関係です。

理央はイケメンで女子からも人気。面食いで可愛い子なら来るもの拒まずという性格。実は過去に恋愛感情を抱いた朱里は告白もできないまま姉弟に。

市原由奈(福本莉子さん)は朱里と同級生で性格は朱里と正反対。恋愛にも消極的で、自分にも自信がありません。また、いつか王子様が迎えに来てくれるような恋愛に憧れを持っています。

乾和臣(赤楚衛二さん)は由奈と幼馴染。由奈が唯一気を使わずに何でも話せる相手。性格は天然で、恋愛には興味がありません。

朱里、理央、由奈、和臣はそれぞれ同じマンションに住んでいて、恋愛感の違う4人が恋を通して成長するストーリーを描きます。

 

「ふりふら」の主人公が原作と違う!?

 

ふりふらの予告もっと由奈ちゃんを前面に出して欲しかったなぁ!!
私的にはやっぱり主人公は由奈ちゃんて感じなんですよね…

ふりふらの映画なんであんな朱里が主人公みたいになってんの?笑

ふりふらの実写の告知あかりちゃんが主人公みたいになってて困惑してる

 

先ほどもご紹介したように、原作と映画では描いてる目線が少し違うようです。

ですのでコミック読者の多くの人は由奈目線で見ていた人が多いようですが、映画では朱里と理央が姉弟になった切ない恋が描かれているので、どうしても原作を知っている人は‘なんで主人公が由奈じゃなくて朱里なの!?’と思う方が多いようです。

そこで、考察なのですが、

理央役の北村匠海くん、朱理役の浜辺美波ちゃんは製作側からのオファー

由奈役の福本莉子ちゃん、和臣役の赤楚衛二くんはオーディション

だったそうなので、

まず北村匠海くんと浜辺美波ちゃんのキミスイコンビありきで映画化を考えた時に

浜辺美波ちゃんには由奈より朱里のイメージがぴったりだったのかなと思います。

あくまで漫画のふりふらは、4人が主人公で理央と由奈のほんわかした恋愛がメインだと解釈していたので、理央と朱里の義兄妹の悲恋?みたいな予告と売り方に違和感が生まれるのは当然かなと思います。

実写映画と漫画はほぼ別物と捉えたほうがいいのかも…

実写映画がどんな結末で、理央と由奈の分量がどれくらいあるのかも注目ですね!

 

映画「ふりふら」の主題歌

映画の雰囲気を盛り上げる注目の主題歌ですが、あの大人気グループOfficial髭男dism『115万キロのフィルム』です!

‘ふりふらの主人公たちの心情にぴったりで、映画を観た後にもう一度聴くと、歌詞が染み込んできて、また違った景色が浮かびます’と浜辺美波さん。

本当に良い曲なので、まだ聴いたことのない方はぜひ一度聴いてみてください!!

まとめ

今回は【ふりふら 実写映画の主人公が原作と違う?理央と由奈じゃなくて朱里なのはなぜ?】というタイトルでお送りしました!

大人気コミック「思い、思われ、ふり、ふられ」の映画化ということでぜひ映画館で観たいですね!

原作と映画では描き方の視点が少し異なる為、主人公についての声が多く上がっていますが注目の作品には変わりありません。

原作を見た人も、映画ではまた違った視点で観れるのではないでしょうか。

公開日まであとわずか!楽しみです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です